▲TOPページへ

大豊神社

京都市左京区鹿ヶ谷

このページに来てくださった方へ

 当HPを訪問して頂き、ありがとうございます。近年、大豊神社の人気が高まっているようで、このページへのアクセスが増えています。このページは数年前に製作したのですが、個人的に思い入れのある大切なページなので、多くの人に見てもらえて感無量です。でも、みーんな素通りなんでチョッピリ寂しいずら(T_T)もし良ければ、掲示板に感想なんかを残してもらえたりすると嬉しいんですけれど。
 
もちろん現在も、足しげく大豊神社を訪れています。小さくて地味だけれど、心がホッと落ち着く場所…皆さんに少しでも、この神社の魅力が伝わればいいのですが。

09年7月某日 管理人:平尾 亮


京都が好きだ。
私の一番好きな街・京都には、一年に何十回も訪れている。

そして私が、その京都の中でも、お気に入りのスポットが「哲学の道」沿いにある。

今回は私がこよなく愛する神社、「大豊(おおとよ)神社」を紹介しようと思う。

 

哲学の道沿いにある大豊橋。春に訪れれば、見事な桜が出迎えてくれる。

 

有名な「哲学の道」。一年中観光客が絶えることが無い。
そこにかかる小さな橋、「大豊橋」。
その向こうに「大豊神社」はある。

しかし、何故か大豊神社に足を向ける人は少ない。
観光地図でも、省略されていることもある。
大豊神社は、そんな神社なのである。

 

 


本殿正面。少彦名命、菅原道真公、応神天皇を合祀する。

長く細い石畳の坂道を上って行く。やがて本殿が見えてくる。

元々は後ろの「山」そのものを祀っていた神社だが、現在は少彦名命(スクナヒコナノミコト)、応神天皇、菅原道真公の3つの神を合祀している。

かつては広大な神社だったらしいが、今はその面影も無く、こぢんまりとしものである。

 

正直言って、本殿そのものはあまり珍しいものではない。

宗教的な視点を排除して見るならば、この大豊神社における最大の「みどころ」は他にある。

その社は、本殿に向って右にある。

 

 

縁結びの神・大国社。日本でただひとつ、狛鼠が鎮座する社だ。

 

本殿右にある小さな「大国社」。
縁結びの神・大国主命(オオクニヌシノミコト)を祀る。
そこには、本来なら「コマイヌ(狛犬)」が鎮座している場所に、
なんとも愛らしい 「コマネズミ(狛鼠)」が。

これは、「古事記」で出てくる、ある神話から来ている。
(この社の祀神)大国主命が野火(山火事)で危機にさらされている時、
ネズミが現れて彼を救った・・・というのである。

 

 
コマネズミ・左。
豊穣・薬効を表す水玉(酒器)を抱える。また、「子宝」の意味もあるという。
  コマネズミ・右。
抱えている巻物は 「学問」を表しているという

 

実はこの「コマネズミ」、あまり暦史は古くない。
昭和に入ってから製造・設置されたものなのだ。

で・・・その「コマネズミ」の好評に気を良くしたのか(笑)、
本殿左にある社にも、変わったものが鎮座していたりする。

 

本殿に向って左側にある、小さな社。
小さな愛宕社と日吉社が並んで祀られている。その前には・・・。

 

 
コマトビ。
「あに見てっだおめえ!」とでも言いたげ。
  コマザル。
「大道芸人っす〜!」とでも言いたげ。

 

小さな愛宕(あたご)社と日吉社の前に鎮座する、
コマトビ(狛鳶)」、そして「コマザル(狛猿)」。
ここまでくると、素直に受け入れざるを得ない。

これらは他の神社では見られない珍しいもの。
そのため、どうしてもそればかりに目を奪われがちだ。

でも、ちょっと待って!
大豊神社は「花の名所」であることもお忘れなく!

 

しだれ紅梅満開の頃。花は少ないが、静かな美しさを漂わせる。

 


夕日に輝くしだれ紅梅。

本殿前にある「しだれ紅梅(こうばい)」。老木のため花自体は少ないが、若木には無い、何とも言えない美しさを持っている。

盛りのものだけが美しいのではない…、その事を私達に教えてくれる。

このしだれ紅梅は、有名な北野天満宮の梅よりも格上とされ、「洛中一の梅」とも称される。

3月中旬ぐらいに満開になる。ただし、花をつけている時間はそう長くない。

一年に一度、是非見ておきたい梅だ。

 

満開の頃のしだれ桜。

 

しだれ紅梅と入れ替わるようにして、今度はしだれ桜が咲く。
しだれ紅梅と同じく、かなりの老木。樹勢の衰えは隠せない。

この頃、大豊神社が面する「哲学の道」は、桜が満開の時期だ。
華やかさでは、それらの桜には到底敵わない。
しかし、それらに負けないこの美しさはどうだ。

この二本の老木は、
私達の「美しさ」の基準を、根本から覆えすものだ。

 

境内には、様々な品種の椿が。

 

そして忘れてはならないのが「椿(つばき)」。
実はこの大豊神社、京都でも有数の「椿の名所」である。

境内には様々な色・品種の椿が植えられ、
落ち着いた輝きを放っている。
見ごろは三月〜四月。しだれ紅梅としだれ桜の間くらいだ。

とはいっても、椿は品種によって咲く時期が異なるので、
春に訪れれば、必ず椿を目にすることができる。

実はこの「大豊神社」、
ある「意外な事」をきっかけにして、
一部の女性の間で、凄まじく有名になったらしい。

家庭用ゲーム機の女性向けゲーム、
「遥かなる時空(とき)の中で」という作品の中に、
大豊神社と「コマネズミ」が登場しているというのだ。

春に訪れた時、 そのゲームファンを対象とした、
スタンプ・ラリーが開催されていた。

 


スタンプ・ラリー捺印所。ファンの方が残して行ったメッセージも小さく書かれていた。

設置されていたスタンプ。

そのゲームとは、過去の京都にタイムスリップした主人公の女の子が、色んな男性と恋をする・・・というストーリーらしい。

う〜ん、ステキな恋がしたいのは男性も女性も一緒なんだな〜。

で、そのスタンプ・ラリーの為に用意されたスタンプ捺印所と、そのスタンプ。むうう、美少年。
熱心なファンの方が多いらしく、私が神社に居た時間にかなりの方が押しにきた。もちろん、全て女性である。

こういった形で大豊神社が有名になるのは喜ばしいことだ。
だが、訪れる人が多いと、その中に心無い人が出て来たりする。「記念に」と、柱などに名前を彫ったり、落書きしたり。

京都の各所で、そういうのをイヤというほど見てきた。そういう事が無いことを祈りたい。

 


宮司の小林清人さん

大豊神社の宮司・小林清人(おばやし・きよんど)さん。私の度重なる取材にも快く応じてくださった。

先代宮司(お父様)がコマネズミ設置の発案者だという。

実は初めて訪れた時、私の足が悪いことを知り、無料で回復祈願して頂いた。何と感謝していいか解らない。

 

宮司さんはとても心の広い方で、
大豊神社の事について尋ねると、ひとつひとつ丁寧に教えてくれる。
神社を訪れた時は、是非お話してみよう。
ただしもちろん、失礼の無いように。
そして何より、感謝の心を忘れずに・・・。

 

そして最後に、私がイチオシの、
「大豊神社グッズ」を紹介しよう。

 

大豊神社オリジナル「ねずみ守り」である。神社のシンボルであるネズミをモチーフにしたお守りだ。

「お守り」というより、キーホルダー感覚で持てるのがオシャレだ。女性の誕生日プレゼントなどに贈ると、かなり喜ばれる。

ひとつひとつ手作りのために、全て微妙に形が違うのがいい。しかもひとつ500円という価格も嬉しい。

大豊神社参拝の際は、是非とも購入をお勧めする。

 

コマネズミ、コマトビ、コマザル。
花の名所。静かな境内。
私が京都の中でも、最もお気に入りの場所。
肩肘張らず、ふっ…と立ち寄れる。
そんなこの神社が、私は大好きだ。

京都を訪れた時、あなたもちょっと立ち寄ってみませんか?
可愛いネズミ達が、あなたに会えるのを待っています…。

 

 

大豊神社
位置
京都市左京区鹿ヶ谷宮ノ前町

アクセス
バス停「東天王町」または「真如堂前」下車、徒歩5分

備考
有名な哲学の道沿いにあります。地下鉄「蹴上」駅から、インクライン〜南禅寺〜哲学の道、そして大豊神社…のルートは私のお気に入りの散策コースです。
最終更新日時:2007年12月26日

 

 

「何処か遠くへ」インデックスページへ

トップページへ