▲TOPページへ

 

『赤い靴』の女の子母子像

静岡県清水市

 

赤い靴はいてた 女の子

異人さんにつれられて 行っちゃった…

「赤い靴」 作詞:野口雨情/作曲:家本居長世

 


横浜の「赤い靴はいてた女の子」像
  誰もが一度は耳にし、口ずさんだことがあるだろう童謡「赤い靴」。哀愁漂うメロディーと、悲しい歌詞が耳に残る名曲だ。

  この曲をテーマにした銅像も、各地に建てられている。最も有名なのは、横浜の山下公園にある「赤い靴はいてた女の子」像だろう。像は少し寂しげに海を眺めている。

 実は、この歌に歌われている女の子は実在する。その名は「岩崎きみ」ちゃん(以下、きみちゃん)である。

 きみちゃんの両親は北海道に渡り、 開拓農場へ入植するのだが、その開拓生活は想像を絶する厳しさだった。そこで3歳だった彼女の養育を、アメリカ人の宣教師ヒエット夫妻に託すことにした。物騒な現代に歌詞を読み返すと、ついつい拉致(らち)や誘拐を連想してしまうが、実際は両親の希望の元、心優しきアメリカ人夫婦に預けられたのだった。

 童謡「赤い靴」は、この話を聞いた作詞家・野口雨情が、外国へ旅立ったきみちゃんをイメージして作詞し、誕生した歌なのである。

 

だが、実際の物語は、歌とは異なっていた。

 


きみちゃんが眠る鳥居坂教会

麻布十番の「きみちゃん」像
  童謡では、きみちゃんは横浜から船に乗り、外国へと旅立ったことになっている。きみちゃんの両親も、そうなったのだと信じていたに違いない。しかし実際は、彼女は外国へは行っていないのだ。

 宣教師夫婦に、母国アメリカから帰国命令が来た。しかしこのとき、きみちゃんは不治の病(結核と言われている)におかされていた。病のきみちゃんを、一緒に連れていくことはできない。宣教師夫婦はやむなく、彼女を孤児院に預けて旅立ってゆく。
  きみちゃんはそのまま、病床で短い生涯を終える。この時わずか9歳だった。

 彼女は今、東京・六本木、鳥居坂教会の共同墓地に眠っている。

 鳥居坂教会の近く、麻布十番にも「きみちゃん」像がある。この像の台座は募金箱になっており、浄財は全額ユニセフに寄付されている。

 このほか、北海道・留寿都村にも像があるという。どれも、きみちゃんが一人でたたずんでいる像である。歌のイメージからすると、ちょっと悲しげな像になるのは仕方ないのかもしれない。

 

 

ところが意外にも、たった一体…“ひとりぼっち”ではない像が存在するのだ。

 

 静岡県、有度山の山頂付近の名勝「日本平」。

 晴れた日には富士山の美しい姿まで望める、日本有数の景観地である。サッカーファンには、清水エスパルスの本拠地「日本平スタジアム」でお馴染みかもしれない。

 その一角に、その像はある。

 

  『赤い靴』の女の子母子像。この像は他のものとは違い、きみちゃんは和装の女性と向かい合っている。像の題名からもわかる通り、この女性はきみちゃんの母。名前は「かよ」という。

 


真っ直ぐに娘を見る母「かよ」。

無垢な眼差しの「きみちゃん」。

 きみちゃん一家はここかつて、この日本平から見下ろせる、現在の静岡県清水市に住んでいた。つまりこの地は、きみちゃんとその家族のふるさとなのである。

 「生き別れた母子を、この地で再会させてあげよう」そんな声が上がり、全国から浄財を募り、昭和61年3月、この像が建立された。何とも粋な計らいではないか。

 「母娘の再会」と聞くと、多くの人が笑顔の像を想像するかもしれない。だが、この像に“笑み”はない。2人はしっかりとした眼差しで、互いを見つめ合っている。私は、これで良かったと思う。この像はどこまでも優しく強い母娘の愛と、凛とした雰囲気を放っている。

 


「赤い靴」をイメージしたのか、女の子の足元に、赤い花が置かれていた。

 

 

 歌い継がれる童謡「赤い靴」。そして、その裏に秘められた悲劇的なストーリー。その結末は意外にも、人々たちの手によって“ハッピーエンド”になっていた。

 外国へと渡るはずが病に倒れたきみちゃん。娘は宣教師夫妻とともに外国で幸せに暮らしていると思っていたであろう母かよ。彼女らは悲しい別れのあと、二度と会うことはなかった。だが時は過ぎて現代。二人はふるさとの地で再会した。娘を慈しむような母の腕を、娘はしっかりと握っている。

 二人の手と絆は、もう離れることはない。ずっと、ずっと…。

 

 

 

『赤い靴』の女の子母子像
位置
静岡県清水市日本平

アクセス
JR「静岡駅」から日本平線のバス約35分「日本平」下車

備考
このページを編集している時、あるニュースが飛び込んできました。北海道で、新たな「きみちゃん」像を制作中とのことです。今度は、父親を含めた、家族3人の像になるとか。
最終更新日時:2007年9月10日

 

「何処か遠くへ」インデックスページへ

トップページへ